英文を自動で修正してくれる「Ginger」を使ってみた。

Pocket

やすです。

mq1.jpg
入力した英文を自動で修正してくれる「Ginger」を試してみたので、ブログに残しておきます。

Ginger Pageとは?
英文でのビジネスメールやSNSなど、毎日の英語に必要な翻訳や英文校正の機能がワンクリックで実行できます。
さらに、類語検索や復習機能もワンクリックで使えて英語の学習にも最適です。
<8つの機能>
Write (文法・スペルチェッカー)Translate (翻訳)Define (辞書)Synonym(類語検索)Favorites(お気に入り)Personal Trainer(復習)Phrase of the day(今日の英語)Personal Dictionary(マイ辞書)
※Android版には、予測変換機能、キーボード搭載, iOS版には、キーボード搭載

Ginger 英文チェッカー
http://www.getginger.jp/

Ginger Web版

スクリーンショット 2014-12-27 15.44.58
まずは「Ginger」Web版から。テキストボックスに英文を入力すればOKです。

スクリーンショット 2014-12-27 15.45.17
例えば「Please except my apology」と文法的に間違っている英文を入力すると、「Please accept my apology」と正しい英文を示してくれます。

スクリーンショット 2014-12-27 15.47.14
「This is bird」は「This is a bird」に。

スクリーンショット 2014-12-27 16.11.54
gmailで英文メールを作成してみました。あえて文法が間違っている英文を入力すると、正しい「to see you again」が表示されました。

スクリーンショット 2014-12-27 16.14.17
この正しい英文をクリックすると、文章に差し替えられます。これは便利ですね。

Ginger モバイル版

IMG_3763
「Ginger」はiPhone、iPad、androidそれぞれのアプリが提供されています。今回はiPhone版を試してみました。Web版と同じように文法的に間違えている英文を入力すると、正しい文が候補として挙げられます。
IMG_3765
正しい「a pen」を選択すると、Web版と同じように文章に差し替えられます。
IMG_3766
モバイル版「Ginger」には専用キーボードが用意されています。キーボード下部にある「G」ボタンを押すと、「Ginger」の他の機能を使うことができます。
学習機能と文章読み上げ機能を利用できる有料版もあります。無料版でも十分に使えると思います!

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク