エアープランツの種類と育て方 チランジア・ジュンセア

Pocket

やすです。

みなさんエアプランツって知っていますか?
エアープランツはその名の通り植物なのですが、水を必要としない植物ではありません。空気中の水分を吸収して成長する、水の管理が少なくて済む植物ですね。最近は園芸店だけではなく雑貨店でも目にするようになりました。
エアープランツは土に植えずとも育ちますから、吊って楽しんだりオサレな皿に乗せたりと、楽しみ方が非常に幅広い植物です。
私もエアープランツ育ててますので、エアープランツの育てかたについて基本中の基本をご紹介したいと思います。

エアープランツのキホン

エアープランツは着生植物といって、土壌に根を下ろさずに他の植物や岩盤に根を這わせて生活する植物なので、もともと根が発達していません。それとエアープランツの原産地は中南米が多いので、乾燥に強いと思われがちですが、極端な乾燥にさらしてしまうと枯れてしまうおそれのある植物です。なので、鉢植えの草花よりも水の管理はこまめにしたほうがいいです。じゃあ水の管理はどうしたらいいんでしょうか?

エアープランツの水の管理

エアープランツの水の管理はこまめにしましょうとお伝えしましたが、やり方があります。といってもとってもカンタンです!
1つ目は「ミスティング」。霧吹きでエアープランツ株全体を湿らせる方法です。ただシュッシュしてあげればいいだけです。
2つ目は「ソーキング」。水を張ったバケツかなんかにエアープランツ株を浸す方法です。ただドボンとしてあげればいいだけです。
ね、カンタンでしょ?
季節によりますけど、タイミングとしてはミスティングは週に1回、ソーキング4週間に1回でいいと思います。ただ、ミスティングやソーキング直後に太陽に当てて葉が蒸れてしまうと、腐る原因となりますので注意します。
エアープランツは風通しの良い場所が大好きなので、直射日光の当たらない風通しの良い場所で育ててあげると良いですね!

育てているエアープランツ

ここで私のエアープランツをひとつ紹介します。
IMG_3807
【和名】チランジア・ジュンセア
【学名】Tillandsia juncea
【科名・属名】パイナップル科チランジア属
【原産地】中南米
【生育適温】15~25度
IMG_3806
シュッと伸びた葉がかっこいいですよね。見た目がいいです。

まとめ

エアープランツはこまめに管理してあげれば、手間のかからない植物です。
部屋に手軽なグリーンが欲しい時にはぴったりだと思います。

それじゃ!

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク