【新商品】老舗蕎麦屋「神田まつや」監修の「神田まつや鶏南ばんそば」を食べてみた。

Pocket

やすです。
日清食品が開発した、老舗蕎麦屋「神田まつや」監修の「神田まつや鶏南ばんそば」を食べてみました。

「神田まつや鶏南ばんそば」を食べてみた。

本節、宗田節などからとっただしと甘辛いかえしを合わせた、「神田まつや」の特徴であるやや濃いめのつゆを表現。別添の七味には、実際にお店で使われている特製の「神田まつやのゆず七味」を採用しています。

神田まつやは明治17年に創業し、グルメの文化人に愛されてきた老舗の蕎麦店です。2012年11月に販売されていましたが、好評だったために今回はパッケージを新たにして発売となっています。
IMG_4286
まずはパッケージから。
IMG_4288
カロリーは409kcal。
IMG_4287
実際にお店で使われている特製の「神田まつやのゆず七味」を採用しています。
IMG_4289
蓋をあけるとこんな感じ。
IMG_4290
お湯を入れるとこんな感じ。

実食

神田まつやのゆず七味をいれてそばをすすると、ふわ〜っとさわやかなゆずの香りが立ち上ります。
やや濃いめの本節だしのつゆが蕎麦にからんで、とてもおいしいです。

まとめ

「神田まつや」の大旦那小高登志氏、若旦那小高孝之氏による指導による味の表現。
本節、宗田節などから取っただしと甘辛いかえしを合わせた、「神田まつや」の特徴であるやや濃いめのつゆを表現。
実際にお店で使われている特製の「神田まつやのゆず七味」を採用。
一度食べるとまた食べたくなる一品だと思います!
それじゃ!

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク