週末サイクリング ー パンク修理と逗子海岸

Pocket


やすです。
GIOSのULTIMO2010に乗っているわけですが、パンクしていて乗れていませんでした。今年の2月に川崎区千鳥町に工場夜景を見に行ったのを最後に、室内で保管していた時に気付いたらパンクしてしまっていました。寒いこともあってそのままパンク修理もせず、ほったらかしにしていたら、自転車に乗るには良いシーズンになってきましたので、重い腰をあげてパンク修理することにしました。
川崎に工場夜景を見にいった時の記事はこちらからどうぞ。
週末サイクリング ― 川崎市川崎区千鳥町に工場夜景を見に行ってきた。

初めての自宅でのパンク修理

これまでパンクした時はいつもお世話になっている東海大学前駅にあるORANGE HEADさんに自転車を持って行っていたのですが、輪行して持っていくのも大変だし、それにいつまでたっても自分でパンク修理ができないので、今回は自宅でパンク修理をすることにしました。

まずはタイヤとチューブを買い出しに。

せっかくパンク修理でチューブ交換するなら、いっその事タイヤも新調することにしました。これまで割と長く履いていたから。自宅から一番近い自転車専門店のセオサイクルトレッサ横浜店へ出かけました。
IMG_4857
トレッサって車や自転車だとすぐ着くんだけど、歩いていくには距離があるからバスになるんですけど、自宅最寄りのバス停からだと1時間に1本程度の本数なので、タイミング良く出かけないとダメなんです。
今回選んだタイヤはこちら。
IMG_4859


パナレーサークローザープラス700X23イエローです。GIOSブルーにイエロータイヤが生えていいかも?と思い選んでみました。これが吉と出るか凶と出るか…

タイヤとチューブを交換します

それではタイヤとチューブを交換していきますが、これが慣れないと結構難しい。まず、新しいタイヤはすごく硬い。
IMG_4863
なんとかホイールにタイヤの片面をはめ込むことができたので、次にチューブをはめ込んでいきます。
IMG_4865
ホイールにバルブを通してチューブを這わしていきます。この時にあらかじめチューブに空気を少し入れておくと入れやすいと思います。
IMG_4864
そしていざタイヤをはめ込んでいきます。私はバルブの根元から両手を使って少しずつはめ込んでいくとやりやすいです。先ほども書きましたが、新しいタイヤはすごく硬いので、最後の最後は手のひらの指の付け根でグイ〜っと押し込んでいきます。何回も繰り返すと握力がなくなってくるので、さっとはめ込んでいきたいところです。なんとかタイヤをはめ込む事ができたら、空気を少し入れてブレがないか確認をします。
IMG_4868
ブレがなければ空気を適正値までいれて完成です。ブルーのフレームにイエローのタイヤ。なかなかいいんじゃないでしょうか。

試走は逗子海岸まで


試走がてらみなとみらいに向かって走っていましたが、物足りず、そのままR16を横須賀方面に走って行きました。六浦の交差点を右折してr23に入り、鎌倉方面に進みます。西六浦交差点を左折してr205に入り、逗子方面に進みます。横浜・逗子市境の上り坂をなんとか登りきったら、逗子海岸まではあともう少し。
IMG_4873
無事に逗子海岸につきました。
IMG_4875
太陽の季節碑がゴール。遠くには江の島が見えます。いいカンジの写真が撮れた。
IMG_4876
ちょうど日の入りの時間だったので、綺麗な逗子海岸を見ることができました。帰りはさすがに疲れたので、新逗子駅から横浜駅まで輪行で帰ります。
これから夜パトロールも少しずつ再開しようかな〜。
それじゃ!

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク