サイクリストは知っておきたい。2015年6月1日から自転車に関する道路交通法が改正。

Pocket


やすです。
2015年6月1日から道路交通法が改正され、危険な違反を繰り返す自転車運転者に「安全講習(有料)」が義務付けられます。これまでは危険運転者には赤切符(5万円以下の罰金)が適用されていましたが、2015年6月1日以降は青切符のような摘発が導入されます。

違反するとどうなるの?

bicycle-road-traffic-law-1
bicycle-road-traffic-law-2
危険な違反行為をして3年間で2回以上摘発された自転車運転者は、公安委員会の命令を受けてから3ヶ月以内の指定された期間内に「安全講習(自転車運転者講習)」を受けなければならなくなります。受講費用は5,700円となります。この安全講習を受講しなかった場合は、5万円以下の罰金が科せられます。受講時間は3時間です。

危険な違反とは?

今回の取締対象となる危険な運転というのが下記の14種類です。
1、信号無視
2、通行禁止違反
3、歩行者用道路における車両の義務違反(徐行違反)
4、通行区分違反
5、路側帯通行時の歩行者の通行妨害
6、遮断踏切立ち入り
7、交差点安全進行義務違反等
8、交差点優先者妨害等
9、環状交差点安全進行義務違反等
10 指定場所一時不停止等
11 歩道通行時の通行方法違反
12 制動装置(ブレーキ)不良自転車運転
13 酒酔い運転
14 安全運転義務違反

道路交通法が改正されるから交通ルールを守るのではなく、サイクリストとして周囲の安全のために、より一層交通ルールを守ってサイクリングを楽しんでいきたいと思います。
それじゃ!

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク