インド・スリランカ出張に行ってきた ー インドからスリランカへ大移動。まさかのチェックイン拒否で空港の硬いベンチで過ごしたトランジット8時間。

Pocket



やすです。
出張でインドとスリランカに行ってきました。数回に分けてインド・スリランカ出張記を書いていこうと思います。

インドからスリランカへ大移動。まさかのチェックイン拒否で空港の硬いベンチで過ごしたトランジット8時間

南インドでの仕事が終わり、隣国スリランカへ移動となります。

スリランカへは、まず、マドゥライ空港からチェンナイ国際空港の国内便に乗ります。

チェンナイ国際空港に到着すると次に国際便にトランジットして、スリランカのバンダラナイケ国際空港(以下:コロンボ)に移動します。
その他にもマドゥライからコロンボへは約1時間で着く1日2便の直行便があるのですが、今回のスケジュールではそれに乗ることができず、チェンナイでトランジットをしなければなりませんでした。今回のマドゥライ〜チェンナイ〜コロンボ間の移動にかかる合計時間は約11時間。その内、チェンナイでのトランジットの時間は約8時間という強行スケジュールでした。

マドゥライ〜チェンナイ

マドゥライ空港からチェンナイ国際空港へはジェットエアウェイズのプロペラ機でした。これが人生初プロペラ機。ちょっと楽しみでした。
IMG_6299
こちらが搭乗したジェットエアウェイズのプロペラ機。タミルナードゥ州の州都であるチェンナイに向かう便なのに、搭乗客は私含めて15人程度でした。約1時間30分のフライトでしたが、サンドイッチとボトルドウォーターが貰えました。この日は天気が良く、日中の南インドが上空から良く見えました。

硬いベンチに座り続けなければならない苦痛の6時間

チェンナイ国際空港にはスムーズに到着することができました。が、問題はコロンボ便まで約8時間あること。まずはチェンナイ国際空港の国内線ターミナルから国際線ターミナルまで、ゴルフ場にあるようなカートに乗って5分ほど移動し、その後搭乗する航空会社別に分かれている入口に向かいます。マドゥライ空港でもそうでしたが、インドの空港は空港入口に軍人が立っていて、そこでパスポートとチケットの確認を求められます。無事に確認が済んだかと思うと、軍人が一言。
「一度空港内に入ったら、航空機に搭乗するまで絶対に外には出られない。」
ライフルちらつかせながらそんな怖い顔で言われても…と思いつつ、反抗する気は全くないので「OK!OK!」と軽いノリで答えて空港内に入りました。この後起こる悲劇がどんなものかも知らずに。
チェンナイからコロンボまではスリランカ航空でのフライトでした。スリランカ航空はワンワールド加盟でしかもスリランカのフラッグシップ航空会社だからスムーズに済むだろうと高を括っておりましたが、それが失敗の原因となってしまいました。
私が搭乗する便までは8時間あることを承知で、しれっとカウンターに突撃してみました。

私:「チェックインプリーズ」
カウンター:「…(パスポートとチケットを確認)」
私:「(ドキドキ)」
カウンター:「21時の便だって!?まじかよ。チェックイン開始までまだ6時間あるぜ。チェックインは搭乗2時間前からできるからまた来いよ!HAHA!」
私:「いやー、8時間待ちキツいんでなんとかチェックインさせてよ。」
カウンター:「ダメダメ。後ろつかえてるから下がって下がって!」

交渉してみるもダメでしたので、とりあえず電源が確保できる硬いベンチに座って待つことにしました。仕方ないのでインド編の出張報告書を作りながらなんとかチェックイン開始までの6時間を耐え抜きました。Wi-fiもなければ自由に動くこともできない環境だったので、今振り返っても我ながら良く耐えたと思います。

キングフィッシャーが耐え抜いた後の体に沁みる

6時間後、なんとかチェックインを済ませると、ラウンジならきっとWi-fiもあれば食事にもありつける!という思いが高まりつつ、一目散にラウンジを目指しました。
IMG_6300
予想通り、Wi-fi完備の飲食完備の環境がそこにはありました。しかもビール飲み放題。6時間耐え抜いた体にキングフィッシャーが沁みました。

チェンナイ〜コロンボ

IMG_6303
スリランカ航空内での機内食。この米料理がすごく辛かったのを覚えています。数日間インドとスリランカに滞在しただけですけど、このスパイシーな味付けは好きですね。食に関しては結構楽しめたというのが正直な感想です。
21時にチェンナイ国際空港を離陸したスリランカ航空機は無事にスリランカのバンダラナイケ国際空港に到着しました。スリランカでは入国にビザが必要となります。入国30日間のビジネスビザだと1人あたりUS$35(記事執筆時)です。イミグレーションを通過する前に購入します。
空港からホテルまでタクシーに乗り、ホテルに到着したのが日付変わって深夜1時。長い1日が終わりました。翌日は朝6時にピックアップというスケジュール。キツい。
それじゃ!


スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク