SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)のダブルモンクを買いました。

Pocket

やすです。
前回、御殿場プレミアムアウトレットのバーゲンでSCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)のダブルモンクを買いましたよという記事を出しました。(記事はこちら)今回はその詳細記事です。

購入したSCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)のダブルモンク

IMG_6696
グッドイヤーウェルト製法で仕上げられた革靴。美しい。SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)は「Made in Japanという品質」というコンセプトの下、東京都墨田区で職人が一足一足こだわり抜いて作るブランドです。細部まで丁寧に仕上げられています。

中敷き(インソール)

IMG_6708
SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)のロゴが素敵です。Made in Japan良いです。

ソールはレザーソールに

IMG_6698
レザーソールのため雨の日は避けたいところですが、せっかくなのでレザーソールを選びました。と言ってもアウトレットなので、他に選択肢がなかったのですが。この美しいレザーソールも履いていくうちに使用感が出てしまうのがもったいないような気がしてしまいます。

SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)のシューキーパーも併せて購入

IMG_6709
SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)のシューキーパーも購入しました。プラスチック製ですが、軽くてコンパクトなので出張時などに重宝しそうです。

ダブルモンクとは?

モンクストラップとはーWikipediaより

紐ではなく、ベルトで締め付けるもの。一つのベルトで締めるシングルと二のベルトで締めるダブルの二種類がある。ベルトの端にゴムが着いているとベルトを外さなくても脱着しやくベルトが痛みにくい。修道士が履いていたのが名前の由来。

着脱が容易

ストラップ固定部分にゴムが仕込んであるモンクシューズはストラップを外すことなく楽に脱ぎ履きをすることが可能です。革靴を脱ぐことが想定されるビジネスシーンにおすすめです。

実はSCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)以外にも

Jalan Sriwijaya(ジャランスリワヤ)の黒のストレートチップ

ブログで紹介する順番が逆になってしまいましたが、SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)のダブルモンクを購入する前に、Jalan Sriwijaya(ジャランスリワヤ)の
の黒のストレートチップを履いていました。こちらもグッドイヤーウェルト製法の革靴です。詳細は別記事としたいと思います。

じわりじわりとハマる革靴

社会人5年目を迎えるにあたり、少しだけ良い物を身に着けたいと思うこの頃ですが、いきなり全てを揃えるというのは現実的ではありません。であれば一点豪華主義でいってみようと思ったわけです。今までになかった少しだけ良い物を身につけると、不思議と頑張れると思えてくるのです。ビジネスシーンで足元はよく見られると言いますが、さほど高価ではなくともしっかりと手入れをされたものを身に着けていれば、周囲からの印象はだいぶ変わるのではないでしょうか。今は出勤が楽しみです。
それじゃ!

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク