ベランダでハーブのプランター栽培を始めました

Pocket

やすです。
ベランダでハーブのプランター栽培を始めました。なんだかおしゃれ。香りを楽しんだり、毎日の料理に使えると良さそうです。
ハーブは一種類ではつまらないので、相性が良いと言われている、ラベンター、ローズマリー、レモンタイム、コモンセージを選んで、寄せ植えっぽくしてみました。

植え付け直後の様子がこちら。植え付けたばかりでボリューム感はありませんが、さっそくいい香りを出してくれています。花をつけているラベンダーと、

ローズマリー

コモンセージ

レモンタイム

鉢の底から水が出るまでたっぷりと与えるのが良いそう。鉢全体に水が行き渡らせるようにということですね。水やりの効果は単に植物に水を与えるだけではなく、同時に根に新鮮な空気を送り込むことも兼ねているらしいです。これは初めて聞きましたが、確かにな、と納得。そうじゃないと土内部まで空気が入り込むのは難しそうですからね。ただし水の与えすぎは禁物。根腐れを起こして枯れる原因になりますので。ポイントは土の表面が乾いてから与える!です。
土とプランターと鉢底石を用意して、せっせとハーブを植え付け。たまには良いものです。

それじゃ!


スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク