エアープランツの育て方 園芸店に聞いた今正しいとされている水やりの方法とは

Pocket


やすです。
何でもそうですが、その時によって正とされることは違ってきます。植物の育て方も同様。前までは良しとされていた管理方法が、時間の経過とともにブラッシュアップされています。

エアープランツの水やりの方法 種類によって違います

エアープランツの育て方はやすぶろぐでも人気の記事で、たくさんの方に見てもらっています。記事執筆時では「エアープランツ 種類」の検索ワードで、Google検索の1ページ目に出てきています。

やすです。 今回はエアープランツのお話です。このブログでエアープランツを取り扱うのは4回目となり、少しづつメインテーマとして定着しつつあり...

Googleアナリティクスのオーガニック検索を見ると、品種名と「種類」と「育て方」のワードで、検索でこのブログに来てくれているようです。
エアープランツの育て方の中でも、水やりについては関心が高いようです。土のいらない植物という謳い文句で売られているエアープランツですから、水やりの方法について情報を求めているのでしょう。エアープランツの水やりの方法として王道なのは、ミスティングとソーキングです。ミスティングは霧吹きでエアープランツ株全体を湿らせる方法、ソーキングは水を張った容器にエアープランツ株を浸す方法です。
たくさんの形の種類のあるエアープランツ。その種類にあった水やりの方法をとらないと、枯れてしまうこともあるので注意が必要です。

基本はミスティングでOK ソーキングは注意が必要

エアープランツの原産地は南米が中心。高度が3,000メートル以上にもなる高地に生息する種類もいます。生育環境は風通しの良いところで、夜には霧が発生する場所です。この生息環境から推測するに、水にドボンと浸かるようなことはあまりないように思えます。
だから水やりの基本はミスティングでOK。その代わり、こまめに霧吹きでミスティングをすることが重要。そして良く水を切ること。これをしっかりやっておけば、枯れることはそうそうありません。有名な都内の大型園芸店の方から仕入れた情報なので、間違いは無いでしょう。
壺型のエアープランツ(例えばセレリアナのような)をソーキングして良く水を切らずに放置しておくと、葉の間に水が溜まって、そこから腐っていく可能性が高いので注意が必要です。

ポンプ式の霧吹きなんてのもある

シュッシュ霧吹きなんてやってらんねーよ、という方もいると思うので、おすすめ商品をご紹介。霧吹きも進化してます。ポンプ式の霧吹きがあるんです。ポンプ式で圧をかけると、ラクラク霧吹きができます。おすすめ。

それじゃ!

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク