航空会社アライアンス「ワンワールド(oneworld)」加盟活動各社の1便を調べてみた

Pocket

やすです。
最近旅行に行けてないので、フラストレーションが溜まっております。金曜日に定時の18時に会社飛び出して、羽田に向かって金土日と旅行する、弾丸旅行とか行きたいっすよねー。
ですが、まぁ、旅行に出られない現実にはどうやっても抗えないので、今日もブログでも更新します。

航空会社には1便が存在する

飛行機って航空会社名の後に数字が付きますよね。◯◯(航空会社名)●●●(数字)便という感じで。あれ?そしたら001便も存在するんじゃね?と気づき、調べてみることにしました。1番。それはエースナンバー。きっと各航空会社が重要視している路線なのかも。
今回は個人的にお世話になっているJALが加盟している、航空会社アライアンスのワンワールド(oneworld)について調べてみました。記事執筆時の2017年6月時点でのワンワールド加盟活動航空会社は下記の通り。

  • エアベルリン
  • アメリカン航空
  • ブリティッシュ・エアウェイズ
  • キャセイパシフィック航空
  • フィンエアー
  • イベリア航空
  • 日本航空
  • ラタム航空
  • マレーシア航空
  • カンタス航空
  • カタール航空
  • ロイヤルヨルダン航空
  • S7航空
  • スリランカ航空
  • 調べてみると、全ての航空会社で定期便の1便があるとは限りません。今回は、定期便としての1便を調べてまとめてみました。flightawareをソースにして調べていますが、間違いがあったらすいません。

    航空会社名出発地到着地経由地
    アメリカン航空ジョン・F・ケネディ国際空港 – JFKロサンゼルス国際空港 – LAX
    ブリティッシュ・エアウェイズロンドン・シティ空港 – LCYシャノン空港 – SNNジョン・F・ケネディ国際空港 – JFK
    日本航空サンフランシスコ国際空港 – SFO東京国際空港 – HND
    カタール航空ハマド国際空港 – DOHロンドン・ヒースロー空港 – LHR
    マレーシア航空ロンドン・ヒースロー空港 – LHRクアラルンプール国際空港 – KUL
    カンタス航空シドニー国際空港 – SYDロンドン・ヒースロー空港 – LHRドバイ国際空港 – DXB
    S7航空ドモジェドヴォ空港 – DMEニジニ・ノヴゴロド国際空港 – GOJ

    調べてみると、ロンドン・ヒースロー空港や、ジョン・F・ケネディ国際空港が出発地もしくは到着地に多いことがわかりました。おそらくスターアライアンスやスカイチーム加盟の航空会社も同じ傾向だと思います。JAL1便はサンフランシスコから羽田に向かう便なんですね。サンフランシスコとか行ってみたいわー。

    それじゃ!

    スポンサーリンク





    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    スポンサーリンク