航空会社アライアンス「スターアライアンス(STARALLIANCE)」加盟各社の1便を調べてみた

Pocket

やすです。

航空会社には1便が存在する

飛行機って航空会社名の後に数字が付きますよね。◯◯(航空会社名)●●●(数字)便という感じで。あれ?そしたら001便も存在するんじゃね?と気づき、調べてみることにしました。1番。それはエースナンバー。きっと各航空会社が重要視している路線なのかも。
今回は航空会社アライアンスのスターアライアンス(STARALLIANCE)について調べてみました。記事執筆時の2017年6月時点でのスターアライアンス加盟活動航空会社は下記の通り。

  • アドリア航空
  • エーゲ航空
  • エアカナダ
  • エアチャイナ
  • エアインディア
  • ニュージーランド航空
  • ANA
  • アシアナ航空
  • オーストリア航空
  • アビアンカ航空
  • アビアンカブラジル航空
  • ブリュッセル航空
  • コパ航空
  • クロアチア航空
  • エジプト航空
  • エチオピア航空
  • エバー航空
  • LOTポーランド航空
  • ルフトハンザドイツ航空
  • スカンジナビア航空
  • 深セン航空
  • シンガポール航空
  • 南アフリカ航空
  • スイス・インターナショナル・エアラインズ
  • TAPポルトガル航空
  • タイ国際航空
  • トルコ航空
  • ユナイテッド航空
  • 調べてみると、全ての航空会社で定期便の1便があるとは限りません。今回は、定期便としての1便を調べてまとめてみました。flightawareをソースにして調べていますが、間違いがあったらすいません。

    航空会社名出発地到着地経由地
    エアカナダトロント・ピアソン国際空港 – YYZ成田国際空港 – NRT
    ニュージーランド航空ロンドン・ヒースロー空港 – LHRオークランド国際空港 (ニュージーランド) – AKLロサンゼルス国際空港 – LAX
    ANAワシントン・ダレス国際空港 – IAD成田国際空港 – NRT
    LOTポーランド航空ワルシャワ・フレデリック・ショパン空港 – WAWシカゴ・オヘア国際空港 – ORD
    ルフトハンザドイツ航空ハンブルク国際空港 – HAMフランクフルト国際空港 – FRA
    スカンジナビア航空ルレオ空港 – LLAストックホルム・アーランダ空港 – ARN
    シンガポール航空サンフランシスコ国際空港 – SFOシンガポール・チャンギ国際空港 – SIN香港国際空港 – HKG
    トルコ航空アタテュルク国際空港 – ISTジョン・F・ケネディ国際空港 – JFK
    ユナイテッド航空サンフランシスコ国際空港 – SFOシンガポール・チャンギ国際空港 – SIN

    スターアライアンスはワンワールドに比べてアメリカ合衆国へのフライトが多い印象です。というか、ロンドン・ヒースロー空港が少ない。ルフトハンザドイツ航空やスカンジナビア航空は1便を国内線として運用していました。エアカナダが1便を成田に向けて飛ばしていたんですね。なぜだか嬉しい。
    次はスカイチームかなー。
    それじゃ!

    スポンサーリンク





    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    スポンサーリンク