種から枝豆の栽培に挑戦 ナス、収穫

Pocket


家のベランダで枝豆の種からの栽培と、ナスの苗からの栽培に挑戦しています。これまでの記録はこちらからどうぞ。
[nlink url=”https://soramame260.net/blog/2017/04/25/post-6445/”]
[nlink url=”https://soramame260.net/blog/2017/05/07/post-6509/”]
[nlink url=”https://soramame260.net/blog/2017/05/20/post-6577/”]
[nlink url=”https://soramame260.net/blog/2017/05/27/post-6592/”]
[nlink url=”https://soramame260.net/blog/2017/06/11/post-6638/”]
[nlink url=”https://soramame260.net/blog/2017/07/02/post-6695/”]

ナス、収穫

先日の記事でお伝えしたとおり、家庭菜園で育てているナスが実をつけました。
[nlink url=”https://soramame260.net/blog/2017/07/02/post-6695/”]
それから20日ほど経ち、そのナスが収穫できるほど大きくなったので、収穫することに。

でっぷりとしたナスが収穫できました。スーパーで売っているようなキレイな形ではありませんが、育てた野菜が収穫できると、嬉しいものです。

他にも小ナスたちがつぎつぎに成りはじめているので、これからも大切に育てていきたいと思います。とりわけナスは肥料食いの野菜なので、追肥がとても大切。むやみに追肥をすれば良いということではありませんので、あくまでも植物の様子を見て、追肥をしています。


よく使っているのは、ハイポネックスのマグァンプK。この肥料は植物の根から出る酸で肥料分が溶け出すのタイプの化成肥料なので、漏れなく植物に栄養分を届けることができます。おすすめ。

それじゃ!

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク