ダニエル・K・イノウエ国際空港(ホノルル空港)サクララウンジで快適に過ごす

Pocket

やすです。
2017年12月に初の海外旅行に行ってきました。目的地はハワイ・オアフ島。日数は4泊6日。何本かにわけて記事にしていきます。今回はいよいよ最終回。ダニエル・K・イノウエ国際空港(ホノルル空港)のサクララウンジ編と、成田へ向かう機内で出た機内食編の2本立てでお届けします。

ダニエル・K・イノウエ国際空港(ホノルル空港)サクララウンジ編

楽しかったハワイもそろそろおしまい。日本へ帰国する日がやってきました。名残惜しいですが、いつの日かまた来れるという気持ちを持って空港行きのバスに乗車します。空港行きバスが宿泊先のワイキキパークホテルの目の前にある、シェラトンワイキキリゾートから出ていました。大量の荷物を持って市街地を歩かずに済み、ラッキー。


バスに揺られること約30分、ダニエル・K・イノウエ国際空港(ホノルル空港)に到着しました。JTB現地スタッフの方の説明を受けて空港内に入ります。ダニエル・K・イノウエ国際空港(ホノルル空港)にもJGCカウンターが用意されています。日本と変わらず、並ばずにチェックインができるのがメリット。スーツケースを預けて身軽に。


身軽になったところで免税店エリアで最後の買い物も楽しめます。


サクララウンジの案内看板がありました。どうやらアメリカン航空のラウンジと共同運営しているようです。


エレベーターまたは階段を登ってラウンジ入口にやってきました。クリスマスシーズンだったので、奥にアロハシャツを着たサンタクロースがいますね。




サクララウンジ内の座席はこんな感じ。窓際のひとりがけエリアやファミリー向けエリアなど、結構広くスペースが取られています。


ビジネスエリアも用意されています。プリンタも完備されていました。



新聞・雑誌エリアはこんな感じ。


ドリンクはソフトドリンクサーバーと


コーヒー、お茶。


アルコールは缶ビールと、


ワイン、ウイスキー各種が用意されています。


フード類はクロワッサン、ケーキ、フルーツ盛り合わせ、


焼きおにぎり茶漬けと


チキンラーメンまでありました。アメリカン航空との共同運営のラウンジですが、わりと日本寄りのメニューです。



焼きおにぎり茶漬けとチキンラーメン両方食べました。普通においしい。


搭乗時刻が迫ってきましたので、ラウンジを出て搭乗口に向かいます。ハワイ、また来るね。


帰国便のB767-300。帰りは偏西風に逆らって飛ぶので、飛行時間が長くなるのがネック。座って寝れなくはないんですが、体がバキバキになるのがちょっとね。

帰国便の機内食編


離陸してシートベルトサインが消えると、サービスが始まります。まずはアルコールをチョイス。アサヒスーパードライ久しぶりに飲んだ。やはりウマー。


しばらくしてサーブされたメインの機内食。


白ワインが進む。疲れとアルコールのせいで、このあたりの記憶があまり無いのが本音。結構ベロベロに酔っ払っていたような…


その後の軽食。ツナペーストサンドだったかな?食事の後は無理やり寝て過ごしました。国際線での快適な過ごし方をググっておけばよかった。後悔先に立たず。


無事に成田空港に到着しました。税関通過する頃にはすっかり空腹。おもむろに寿司が食べたくなり、空港内の寿司屋に駆け込みました。ハワイの街中でも寿司屋を見かけましたが、日本まで取っておいて良かった。ウマー。

はじめての海外旅行。ワクワクとドキドキが交じり合う楽しい時間を過ごすことができました。JAL上級会員であるJGCであったことが大きかったですね。空港内で快適に過ごすことができました。次の海外旅行はいつになるかわかりませんが、これからも積極的に出かけて視野を広げていきたいと思っています。

それじゃ!


【JALカードの詳細は下記画像から確認をしてください。】


スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク